英語学習

AIで自動翻訳ができる時代に英語を学ぶことに意義はあるのか?

こんにちは! 鈴木貴之です。

今回、面白い記事を発見しました。

特に面白いと思ったところを抜粋したのが下記になります(全文を読むにはタイトルかURLをクリックしてください)。

機械翻訳時代に英語を学ぶ必要はあるのか?

英会話スクールを運営するイーオンとKDDIは11月22日、AIを用いて日本人の英会話スキルを自動評価するシステムを共同開発したと発表した。「ネイティブが聞き取りやすいかどうか」を重視し、日本人の英会話をAIが100点満点で評価するというものだ。

同日開催された発表会では、記者たちから「機械翻訳の時代はそもそも英語を勉強しなくてもいいのでは」という質問が相次いだ。そうした疑問に対し、イーオンの三宅義和社長は次のように答えた。

「英語を学びやすくなっているのは事実だが、学ばなくていいのかは別問題。自動翻訳を利用しない手はないが、ビジネスの現場でリアルタイムにやりとりする場合、今の技術でどこまで頼れるか。完全な自動翻訳が完成しても、それを使うのか自分の言葉で話すのかは選択の問題と考えている」

三宅社長は、もし完璧な自動翻訳システムが登場したとしても「英語を話したい日本人は一定数いるはず」と答えた。

「英語を話す必要がなくなった時代に、英語を話したい日本人」はいるのか。ちなみに筆者ものその1人。なぜなら「相手とコミュニケーションを取ること」「伝えたいことを正しく伝えること」が目的で、言葉はその一手段でしかないと考えているからだ。

翻訳デバイスを通してコミュニケーションを取るのと、直接対話するのとでは伝わり方が全く異なる。言葉そのものの正確さも大切ではあるが、表情やボディーランゲージ、その場の雰囲気など感覚的な要素も含めてこそコミュニケーションといえるだろう。「自分の考えをまとめる」「相手に伝わるように工夫する」といった心構えは英語力以前の問題かもしれない。

そう考えると、さらに進化していく機械翻訳を「どういった目的で、どう使っていくのか」を考える必要がある。例えば、外国人へのインタビューには厳しそうだが、ビジネスメールには重宝するはずだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/28/news133.html

正直言って、多くの英会話スクールではAIの時代が来ることを恐れているのではないかと私は考えています。

では、私はどう考えているのか・・・?

多くの先生が話をしたがらない内容ですが、私の考えを書きたいと思います。

 

AI時代の英会話教室に求められることは、英語ができるようになるその先

私は、AIが発達し、自動翻訳ができる時代が来ることは避けられないと思っています。

でもそこには悲観的な考えではなく、それを活かした上でより高度なことができるなと考えているのです。

私は英語を話せるようになる最も大きなメリットは、「思考の英語化」にポイントがあると考えています。

上記記事では「「相手に伝わるように工夫する」といった心構えは英語力以前の問題かもしれない」と語られていますが、頷くと同時に「英語を学ぶ過程で気づけること」でもあるなと考えています。

英語が使えるようになればなるほど、英語での様々なコミュニケーションができるようになります。

その結果様々なものに触れることで、「日本語とは伝える時の構成・順序が違うな」と気づけるのです。

英語を学ぶ理由は英語自体を覚える以外にも重要なことがあると考えています。

その一つが「思考の英語化」なんですね。

海外滞在中に私が経験したこと

私は海外滞在中に多くの方と英語でコミュニケーションをしてきました。

その中で、彼らと「日本人の英語」について話す機会がまれにあり、その中で質問されていたことがあります。

それが何かというと、「あいつ(他の人)の英語はうまいんだけど、何て言うのかな。何言っているのか分からないんだ」。

最初、彼が何を伝えたいのかが分かりませんでした。

①英語はうまいのに、②何を言っているか分からない

この2つがうまくつながらなかったのです。

でも結構そう言われることが出てきたので、私なりにいろいろと考えてみました。

そして出てきたのが、「思考の英語化」です。

 

ネイティブの人が何かを話す時、そこには「分かりやすい話し方」があります。

それは小学校で学んでいて、「こういう風に話したり文章を書くと分かりやすいよ」という内容です。

例えば、この本で学べる内容です。

こういう勉強をしてきていますので、もちろんそういう話し方をします。

そして本の内容を見てもらえば分かりますが、そういう指導は日本ではされていません。もしくは日本的な伝え方の指導をされています。

だから、英語を話せるけど、それ以前のところ、言ってしまえば「意見の伝え方」のようなところで引っかかってしまっているのです。

こういうところを学ぶのは日本語でもできるかもしれませんが、教材な豊富な英語で行った方が効果的です。

 

またもうひとつ重要なものとして、「言い回し」や「背景の知識」も挙げられます。

「言い回し」に関してはたくさんの英語に触れることで身についていくもので、日本語しか知らずにいきなり英語的な言い回しをしろと言うのは無理があります。

また、言葉というのは歴史や文化、社会的背景に大きく左右されます。

そう言ったものはやはりその国の言葉で大量に触れることで分かるようになっていきます。

そういう意味においても、「自動翻訳機ができるから、すべて日本語しか話せなくても伝わる」と言うのは違うのではないかと考えます。

もちろん、旅行や日常会話程度ならそれで十分でしょうが・・・。

 

塩釜BTC英会話教室ではそこまで教えたい

当教室では、「英語が話せるようになってからがスタートだ」とよく言っています。

なぜなら、こういうことを教えたいからです。

「英語を話せるようになる」ことに特化した教室ですが、それができるようになった後のことも考えています。

たくさんの生徒さんにここまで教えたい。

本当にそう考えています。^^

 

当教室の詳しいご案内はこちらから。

 

宮城県塩竈市にある少人数制・英会話重視の英会話教室「塩釜BTC英会話教室」
営業時間:9時から21時(日・火曜日定休)
〒985-0026 宮城県塩釜市錦町4-3
090-6686-4443
教室案内
中学生向け英語アクティブラーニングクラス
アクセス
生徒さん(保護者様)のご感想
予約フォーム
・電話でのお問合せ 090-6686-4443