ブログ

教室の生徒さんたちを見ていて思うこと

頂上にいる旗を持った男性

こんにちは! 鈴木貴之です。

教室の生徒さんたちを見ていて思うことがあります。

それは、教室をオープンしてよかったなあということ。

当教室の生徒さんはほぼ幼児~高校生。つまり、子供向けの教室です。

でも子供たちだからと言って、大人目線で指導する、という感じではありません。

教えていて楽しく、英語学習の態度を見て尊敬し、そういう姿を見ることで刺激され、より良い指導ができるようになりたいと思わせてくれる生徒さん。そういう生徒さんたちがたくさんいること。

そういうことを思うごとに、「良かった」と思うのです。

中には「英語がペラペラ」と言えるくらいの英会話力を身につけた生徒さんもいます。それどころかネイティブでも難解な読解力を見つけてきています。

中には小学生なのに並の中学生以上に英語に対する知識と経験が豊富な6年生もいます。

中には英語力はまだまだでも、英語だけでコミュニケーションを取ろうとして来る生徒さんもいます。

中には才能としてはとびぬけていないけど、日々の努力がとびぬけていて英検3級に小学6年生で受かった生徒さんもいます(4年、5年で受かっている生徒さんもいますが、努力が素晴らしい)。

中には私立学校の中学入試の英語の模擬試験で高い点数を取った生徒さんもいます。

みんな、すごいよ!!

 

英会話教室を7年運営してきて、子供たちを指導してきて分かったのは、ある程度の期間しっかりと英語を勉強していると、「感覚的な英語理解」ができるようになるということ。

そしてそれは子供たちが中学・高校(来年からは小学生高学年でも)と進めていく上にあたり、とても重要なスキルだと考えています。

日本人の多くは、まずは「頭」で英語を理解することを求められます。学校の英語の授業なんかがそうです。

でも、「体感値」としての英語のベースがない中で英語を論理的に理解していこうというのは非常に難しいのです。なぜならルールがありすぎて覚えられないから。

そのルールを体感としてなんとなく理解しているというベースの上に、論理的な説明が入ってくると良く分かります。「あれってそういうことか!」とピンとくるのです。

私は日本の公教育での英語教育が英語を話せる人材を生み出せていないのは、この「体感値としての英語習得」がおざなりになっているからではないかと考えています。

そしてそれを取り入れるのは、1人の先生が40人の生徒を教える学校では難しい。だからこそ、我々のような英語を学べる民間の教室が存在している、民間の英語教育の存在意義はそこだと考えています。

 

「英語を話せる」ことをこれからも当教室では突き詰めていきたいと思います。

 

宮城県塩竈市にある少人数制・英会話重視の英会話教室「塩釜BTC英会話教室」
営業時間:9時から21時(日・火曜日定休)
〒985-0026 宮城県塩釜市錦町4-3
090-6686-4443
教室案内
中学生向け英語アクティブラーニングクラス
アクセス
生徒さん(保護者様)のご感想
予約フォーム
・電話でのお問合せ 090-6686-4443