英語学習

東京英語村がオープン!

こんにちは! 鈴木貴之です。

とうとう、東京英語村がオープンしましたね!

色々とネットで情報を集めていくと、こんな感じで紹介されていました。

これは東洋経済オンラインの記事。

“How can I help you? What can I get for you?”(「お客様、何かお持ちしましょうか」)

“Blanket, please.”(「毛布をお願いします」)

“Anything else?”(「ほかにはございますか?」)

“I want a pillow.”(「枕をお願いします」)

飛行機の機内をそのまま再現した空間で、席に座る小学生と、客室乗務員役の外国人とが会話する。小学生の手には毛布と枕の描かれた「ミッションカード」。そのカードに書かれたアイテムを入手するミッションを、英語のやりとりを通じて達成する仕掛けだ。

9月6日、東京・青海に東京都の体験型英語学習施設である「英語村」がオープンした。その名も、「TOKYO GLOBAL GATEWAY」(TGG)。東京都の事業で、学研ホールディングスなど民間5社のコンソーシアムが運営する。約9億円を投じ施設を改修、そのうち都が4.5億円を補助した。2028年まで営業予定で、その間の賃料は都が負担する。

東洋経済オンライン:東京都が「英語オンリーの村」を建設した理由

そしてこちらは読売新聞の記事。

 日本にいながら「英語だけ」の世界で様々さまざまな体験たいけんができる学習施設がくしゅうしせつ「東京都英語村 TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」(東京都江東区青海こうとうくあおみ)が、今月オープンしました。同施設を訪たずね、プログラムを体験してきました。

600校から予約
TGGは、2020年に東京五輪ごりん・パラリンピック開催かいさいを控ひかえ、訪日外国人ほうにちがいこくじんの増加ぞうかや日本企業きぎょうの海外進出が進む中、小中高校生が実践的じっせんてきに英語を学び、体験できる場として作られました。用意されたプログラムは、学校で学ぶ英語カリキュラムと連動れんどうしながら学べるように、都教委が監修かんしゅう。運営うんえいは、民間みんかんの会社が行っています。都内外の学校、または個人こじんでも利用可能りようかのうで、有料ゆうりょうで1日と半日のコースがあり、修学旅行しゅうがくりょこうの際さいに訪れるなど、今年度だけですでに全国約やく600校から予約よやくが入っているそうです。

来場者は基本的きほんてきに8人1グループとなり、「エージェント」と呼よばれる英語だけを話すスタッフに付つき添そわれてプログラムを受けます。施設に一歩足を踏ふみ入れると空港ロビーのような空間が広がり、海外にいるような気分になります。

読売オンライン:東京にできた体験型英語学習施設ってどんなところ?

雰囲気はつかんでいただけると思いますので、ぜひこれらのリンクからページで記事全文を読んでみてくださいね!

 

英語は話せば話すほど話せるようになる

私たちが当教室をオープンしてからずっとお伝えし続けてきたのがこれ。

「日本人が英語を話せないのは、話さないから!」

「英語を話す機会をつくり、話すようにすれば話せるようになる!」

「英語は話せば話すほど話せるようになる!」

だから、当教室のメインテーマは「英語を話す場を提供する」。

もちろん、その為にまずは英語をある程度学ばなければなりません。

覚え始めたら、話しながらさらに上の英語を学んでいく。

この繰り返しで英語が話せるようになっていきます。

だから、行政でこういう「英語を話せる場」「英語を使う場」を作っていくのは、とても良いことだと私は思います。

ただ、ここには落とし穴もあるかと思います。

 

英語を覚えるには、与えられた環境で話すのではなく、自分の話したいことを話す

英語を学ぶ学生たちが最も苦しめられるのは、教科書で勉強する時、もしくは英検などの外部テストを受ける時、自分が好きでもないし興味もないことを英語で理解しないといけないからだと思うのです。

例えば、英検の問題を解いていても、同じ級でも解きやすい問題と解きにくい問題が出てきます。

その理由を深く見ていくと、実は解きやすい問題はもともと生徒さんたちが興味のあることだったりするのです。

逆に興味が全くない問題を解くのに非常に苦労しています。長文読解などは特にその傾向が顕著です。

だから、本当に英語を話せるようになりたいと思うのであれば、ある程度学んだら「自分の好きなこと」を英語で学ぶべきだと私は考えています。

大事なのでもう一度言いますね。

英語学ぶのではなく、英語自分が好きなことを学ぶのです。

これが英語習得の近道だと私は思います。

 

当教室では英語で自分の好きなことを学んでもらえる為の基礎英語力をまずつけてもらい、その上で話すスキルを高め、将来的には自分で英語を学べるようなカリキュラムを採用しています。

だから、生徒さんにはある程度のレベルに達したら”卒業”してもらっても良いと思っています。

いつまでも当教室に通うのではなく、自分で切り開ける英語力を身につけたら、新しいステージに行ってもらいたいからです。

最近もそういう学生の生徒さんがいました。

非常に高い英語力を持っているので、自分で学び続けることができると思い、卒業を勧めました。卒業することで、もっともっと前進していってもらえたらと思います!

 

「英語で好きなことを学べるくらいの英語力を身につけさせる」ことに興味のある方は、こちらの教室案内をお読みください。

 

宮城県塩竈市にある少人数制・英会話重視の英会話教室「塩釜BTC英会話教室」
営業時間:9時から21時(日・火曜日定休)
〒985-0026 宮城県塩釜市錦町4-3
090-6686-4443
教室案内
中学生向け英語アクティブラーニングクラス
アクセス
生徒さん(保護者様)のご感想
予約フォーム
・電話でのお問合せ 090-6686-4443