ブログ

子供の興味・関心を広げるのにこども哲学は最適

こども哲学は子どもの興味・関心を広げる

こんにちは! 鈴木貴之です。

普段から保護者の方がどんなことに関心を持っているのかに気を配っているのですが、今回このような記事を見つけました。

習い事のメリットは「興味・関心が広がること」!デメリットは?【調査】

この記事の中で、下記のような個所がありました。

すでに習い事をしている方に、習い事をする理由を伺ったところ、1位「子どもの興味・関心を広げるため」が58%、2位「子どもの将来の選択肢を広げるため」が43%、3位「子どもが興味を持っているから」が28%となりました(図5参照)。

習い事をする理由として上位3位に上げられてる者のうち、第一位が「子どもの興味・関心を広げるため」、第二位が「子どもの将来の選択肢を広げるため」とのこと。

これを見て思ったのは、「こども哲学の内容とすごくマッチングしている!! ということです。

 

こども哲学を通して子どもの興味・関心が広がる

こども哲学の先生であるNPO法人の高橋知子先生が書いているブログを読むと、このことがよく分かります。

例えば、「雨はどこに行くの?」という内容でこども哲学を行った時は、子どもたちの身近にある「雨」を使って色々な発想を広げていきます。

普段は「雨がどこに行った」なんて話はしませんよね。

でも、一生懸命考えて、そして思ったことを自由に発言して、笑いながら話を広げていく。

一回の授業だけで終えずに、何回かに分けて行うのでお家で実験してもらったり、いつもは素通りしているようなものにも関心を持って見てもらえるようになります。

そういう過程を通して考えたり、発想が刺激されることで今までは思いもしなかった「普通のこと」にも興味を持てるようになります。

こども哲学といっても特別なことをするというのではありません。

いつもの日常の中に考える題材はたくさんあるのです。

だから、こども哲学を学ぶと「子どもの興味・関心が広がる」のです。

そして、そういうなんにでも興味を持てる心、関心を持てる心は「子どもの将来の選択肢を広げる」という結果につながっていくでしょう。

そう考えると、こども哲学は保護者の方が習い事に求めているものにすごく合致している。

私はそのように思います。

もし、少しでもお子様の習い事として「こども哲学」に関心を持っていただけましたら、こちらで詳しいご案内をしております。

ぜひ、一度体験にお越しください!

 

宮城県塩竈市にある少人数制・英会話重視の英会話教室「塩釜BTC英会話教室」
営業時間:9時から21時(日・火曜日定休)
〒985-0026 宮城県塩釜市錦町4-3
090-6686-4443
教室案内
中学生向け英語アクティブラーニングクラス
アクセス
生徒さん(保護者様)のご感想
予約フォーム
・電話でのお問合せ 090-6686-4443